2019年08月19日

室内の熱中症対策

こんにちは、西みずほ台商店会です。

お盆休みも終わり、今日から仕事再開という方も多いのではないでしょうか。
逆に親戚づきあいであまり休めなかった…という方もいらっしゃるかもしれません。
一旦酷暑は収まりましたが、まだまだ暑い日が続くようで、
まだまだ熱中症に気をつけなければいけない季節です。

エアコンを適度に使用し、室温を28度以下に保つのが望ましいですが、

・すだれやよしず、遮光カーテンで窓から入る光をさえぎる
・窓を開けて風通しをよくする
・家の周りに打ち水をする

などの方法でも気温を下げる手助けになります。
そして就寝中の熱中症にも注意が必要です。
就寝中でも汗などで、約コップ1杯分の水分が体から失われます。
目が覚めた時にいつでも水分が補給できるよう、枕元に水を用意しておくことが大切です。

夜間も我慢せずにエアコンを使うことが効果的ですが、
「エアコンを使うと体調が悪くなる」という方もいると思います。
エアコンの温度をあまり下げなくても、扇風機と併用することで体に熱がこもるのを防げるほか、
扇風機の前に凍らせたペットボトルを置いて風が当たるようにしても冷却効果があります。

setsuden_senpuki_woman.png

まだまだ残暑厳しそうですが、体調には気をつけてお過ごしください。

☆2019夏元気クジ開催中!
SKM_C22719072411360.jpg
posted by 事務局 at 14:10| 事務局のつぶやき